あどばんす、ようござんす。

アクセスカウンタ

zoom RSS "We"にはボクもはいってますか?

<<   作成日時 : 2009/01/08 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年末、年始は今後の日本というテーマの討論番組多いです。
いくつか見たんですが、その中でも毎年議論されるのが

「米国との日本の関係」

いわゆる米国依存型の脱却です。
特に今回の金融危機でこの意見が強くなってるようです。
ボクの大筋で賛成ですが、テレビ見てると
脱却、脱却とそのテーマの時にはみんな言うんですが、
教育とか、保険の話に移ると
「アメリカでは…」と比較を始める人が多いので、
しばらくは脱却への道は遠そうです。

特に気になったのがオバマブーム。

”Yes, We Can” や”Change”が流行ってます。
今日も偉い人が挨拶で 「チェンジ」、「チェンジ」と言ってました。
「オバマに期待すること」、「オバマはどういう政策をとるか」
みんな話し合ってますが、ボクはオバマはアメリカの大統領であって、
日本は麻生さんだということを、忘れないよう気をつけてます。
なんかテレビ見てると、オバマが日本を救ってくれそうな
言い方をする人いますが、後でがっかりしないかと心配です。

そんな人たちがボクにはのんきな磯野家に見えます。

画像


カツオ 「伊佐坂さんのウキエさん結婚決まったよ。」
ワカメ 「えー、どんな人、どんな人?」
カツオ  「東大卒で、一流会社に勤めてて日に焼けた健康そうな人だよ。」
サザエ 「玉の輿じゃない。」
カツオ  「変化、変化と叫んでたよ。芸能人の友達も多いんだってさ。」
マスオ 「いやー、これで磯野家も安泰だなぁ。」
タラちゃん 「ハイィィィ。」


そんな妄想をしてしまうボクが一番のんきですね。
うんがうっうっ。


今日の言葉:
「フグ田くん、早いとこ家に帰った方が良いんじゃない?
 タラちゃんと晩御飯が待ってるんだろ。」

アナゴさん



最近読んだ本:

オシムが語る
集英社インターナショナル
シュテファン・シェンナッハ

ユーザレビュー:
いよいよ、オシムのフ ...
オシム監督の考え方が ...
オシム前史本書は、オ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
"We"にはボクもはいってますか? あどばんす、ようござんす。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる